検索順位を下げないアフィリリンク

アフィリエイトリンクは”テキスト”を優先!

アフィリエイトリンクの”有る無し”自体が、google 検索の順位を下げる根拠はありません。

googleの「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」には以下のように書かれている箇所があります。

ウェブ上の多くのサイトに掲載されているようなコンテンツで構成されたアフィリエイトのためだけのサイトは、Google 検索結果で上位に表示されず、検索エンジンによる評価が低くなる可能性があります。関連性が高い独自のコンテンツを提供すれば、ユーザーに価値を提供し、サイトを他のアフィリエイト サイトと差別化することができるため、サイトが Google 検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。

品質に関するガイドライン > アフィリエイト プログラム – https://support.google.com/webmasters/answer/76465 より一部抜粋

つまり、アフィリエイトサイトであっても「独自コンテンツ」を提供し、他のアフィリエイトサイトと差別化できていれば、検索順位に影響せず、むしろGoogle 検索結果の上位に表示される可能性があるという主旨らしいです。

しかしながら、他のアフィリエイトサイトと差別化できる程、独自コンテンツが十分であるサイトであれば、アフィリエイトタグだらけのサイトでも安心か?というと、そうではなく、やはり、アフィリエイトリンクが多いとgoogle 順位が下がる可能性がある事は否定できない事実です。

あなたの運営サイトが独自コンテンツを持ち、他のアフィリエイトサイトと差別化できている事を前提に、更なる検索順位のアップ方法として以下の2点を試してみて下さい。

アフィリエイトでは、バナーリンクよりも”テキストリンク”を多用する方が、クリックされやすく、google 検索への影響も少ないという考え方が常識になってきています。

アフィリエイトタグを1ページにつき、多くても3箇所以内に抑え、自然な流れでサイト内記事の中に紛れこませるのが上手なテクニックです。

もちろん、インパクトがあるバナーリンクを貼りたい時もあるでしょう。

バナーリンクを貼る場合は、バナーの前後に説明文を入れて上げると、記事内のテキストに同化して、google サイドの評価を下げる事なく、クリック率も上げる事ができます。(説明文が無いとバナーが浮いてしまい、アフィリエイトサイトの印象が強くなってしまいます。)

間違っても、アフィリエイトバナーを、サイト内にお構い無くペタペタ貼り付ける行為は、google 検索順位を下げるので注意が必要です。

また、私的な意見ではありますが、トップページ以外にアフィリエイトリンクを貼る方が、検索順位の影響を極力下げる事ができると考えているので、トップページからアフィリエイトを貼っているページに誘導する手法が重要だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする