定率報酬型と定額報酬型の違い

定率報酬型と定額報酬型のメリットとデメリットについて

「定率報酬型アフィリエイト」は売れた商品のパーセンテージ分(何%)の報酬が得られるのに対して、

「定額報酬型アフィリエイト」では買われた商品、もしくは利用されたサービスに対して一定額の報酬が得られる事を前にお話しました。

それでは、それぞれの報酬型のメリット・デメリットって何なのでしょうか?

解かり易く説明するために、バッグを扱ったサイトを例に説明します。

「バッグA」の広告案件をサイトに貼りました。

「定率報酬型」・・・「バッグA」の購入額の10%

「定額報酬型」・・・「バッグA」の購入で定額1000円

この商品の価格が5000円(税込)だったとします。

この場合、「定率報酬型」では500円(5000円×10%)の報酬であるのに対して

「定額報酬型」1000円の報酬になるので、「定額報酬型」の方が稼げます。

しかし、この商品の価格が20000円(税込)だったとしたら、どうでしょうか?

「定額報酬型」では1000円の報酬であるのに対して

「定率報酬型」では2000円(20000円×10%)の報酬になるので、「定率報酬型」の方が稼げるという結果になります。

このように、商品の価格によって報酬額が違ってくる事がそれぞれの報酬型のメリット・デメリットと言う事ができるでしょう。

一般的に、高額商品を扱っているサイトなら、「定率報酬型」の方が稼ぎやすく、そうでもない小額商品を扱っているサイトだったら「定額報酬型」を優先した方が良いかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする