SEO対策はこの22個で勝負! – URL構造対策

URL構造対策

URLの利用記号

検索エンジンはページURLの区切りに”-(ハイフン)”か”_(アンダースコア)”を好む傾向があります。それ以外の記号が含まれていた場合、サイトの評価が下がってしまう可能性があります。

URLの小文字

検索エンジンはページのURLが小文字で記述されている事を好む傾向があるので、大文字が含まれていた場合、サイトの評価が下がってしまう可能性があります。多くのユーザーが小文字で記述されたURLを想定しているのと、小文字の方が印象に残り易いという理由があげられます。

URLの文字数

URLの長さは255バイト以内(半角英数字-255)が最適とされています。大規模なサイト運営をしている場合、全てのページのURLが長すぎると、サイト全体のバイト数に影響を及ぼす事になり、検索クローラーの巡回を妨げる事になりますので、URLの文字数はなるべく少なくしましょう。

URLのディレクトリ階層

検索エンジンのクローラーはディレクトリ階層が浅ければ浅い程、サイト内を巡回し易くなります。ディレクトリが3階層以上のように深くなると、ページのURLが長くなって、サイト全体のバイト数に悪影響を及ぼす事になり、検索クローラーによるサイト内の巡回を妨げる結果になります。

URLの正規化(www有り無し)

wwwのあるURLと無いURLが両方混ざっていると、重複コンテンツと判断され、SEOの評価を下げてしまう可能性があります。検索エンジンは重複したコンテンツの登録を行いません。この理由は、同一コンテンツを重複してインデックスしてしまうと、検索クエリに対する検索結果として同一内容を持つ異なるURLを複数表示することになってしまい、検索ユーザーに悪影響を与えるからです。

URLの正規化(index.html有り無し)

index.html(index.php)のあるURLとないURLが両方混ざっていると、重複コンテンツと判断され、SEOの評価を下げてしまう可能性があります。検索エンジンは重複したコンテンツの登録を行いません。この理由は、同一コンテンツを重複してインデックスしてしまうと、検索クエリに対する検索結果として同一内容を持つ異なるURLを複数表示することになってしまい、検索ユーザーに悪影響を与えるからです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする