ネットで副収入を得る方法をズバリ!教えます!
ネットで副収入
  • ポイントサイトで稼ぐ
  • アフィリエイトで稼ぐ
  • WEBサービスで稼ぐ
  • 在宅・クラウドで稼ぐ
  • 集客テクニックで稼ぐ
  • 稼げる度ランキング

サイト作成の基本は自由な独自性

「従来型ホームページ」「独自ドメイン」で魅力あるサイトに!



ポイントサイトで友達紹介制度を活用してポイントを稼ぐ場合、またはアフィリエイトで商品を紹介してお金を稼ぐ場合、いずれにおいても最低限必要不可欠なのは、ユーザーに紹介URLをクリックしてもらう事です。

そのためには、ポイントサイトの紹介、または売りたい商品の紹介をコンテンツにしたサイトを作成する事が最大の近道であり武器になります。

サイトを作成するには、「従来型ホームページ」を推奨します。

ブログを利用する方法や、テンプレートが用意されたホームページ作成サービスを利用する方法などがありますが、これらの方法ですと、デザイン等が限られてしまい、独自性のある自由なサイト作りが出来なくなるので、私はお薦めしません。

魅力のあるサイトを作成するには、レンタルサーバー等でホームページスペースを借り、「HTML言語」で自由に作成したファイルをアップする作業を繰り返し行う事だと私は思います。

しかし、「HTML言語」の知識がない人でも、今はとても高機能なホームページ作成ソフトが存在するので、そちらを利用する事をお薦めします。

また、次のページで詳しくお話しますが、自分で作成したPC向けサイトを同じURLでもスマホなどのモバイル端末で見られるようにするには、レイアウトの自由さが要求されるので、そういう観点からも、ブログ等よりもレンタルホームページスペースを借りてサイト(従来型ホームページ)を作成する方が得策と言えます。

PCサイトをスマートフォンなどのモバイル端末での表示に最適化する方法は
1億総スマホユーザー社会が到来! で説明しています。

サイト作成の次にやらなければいけない事は、サイトのアドレスを決める事です。

レンタルホームページスペースを借りた場合、借りた会社が用意をしている指定されたドメインなので、アドレスの後半部分が共通しています。

例えば「さくらインターネット」でレンタルサーバーを借りた場合、赤字部分が「さくらインターネット」を利用している人のサイトアドレスと重複する事になります。(下図参照

http://xxxxxx.sakura.ne.jp

これだと、オリジナル性がなくなってしまい、SEO的にも不利になってしまう可能性もあるので、多少の出費(1000円程度)は覚悟して、独自ドメインを取得しましょう。

ページトップへ戻る