SEO対策はこの22個で勝負!

SEO効果を出す事は永遠の難題であり、やりがいのある課題でもある!

前にも言いましたが、現在「SEO対策」に関する方法は色々なサイトや書籍などで解説されていて、私もかなりの相当量を色々と試して、「何がプラス効果的になり、何がマイナス効果になるのか」と悪戦苦闘してきました。

例えば、極端な話「SEO対策の方法A」について、あるサイトでは”プラス効果”と書かれていても、ある書籍では”マイナス効果”と書かれている事も珍しくはありません。

ある程度「SEO対策」を勉強された方なら、同感されているのではないでしょうか?

そこで、私は一つの結論にたどりつきました。

それは、私が今まで読破してきた相当量の「SEO対策」に関する文献を通して、共通して書かれていた”プラス効果、つまり全ての文献で”効果あり”と書かれていた方法のみを「SEO対策」として行う事です!

その方法とは、以下の22個です。

下の各項目をクリックすると、リンク先のページで解かりやすく解説しています。

URL構造対策

○ URLの利用記号 ○ URLの小文字 ○ URLの文字数 ○ URLのディレクトリ階層
○ URLの正規化(www有り無し) ○ URLの正規化(index.html有り無し)

HTML構造対策

titleの設定  titleの文字数  H1の設定  meta keywordsの設定

meta descriptionの設定  meta descriptionの文字数

コンテンツ対策

隠しテキスト  被リンク数(外部サイトから)  ページのテキスト量

キーワード対策

対策キーワードの記述位置  titleタグの対策キーワードの設定

titleタグの対策キーワードの記述位置  strongタグの対策キーワードの設定

meta keywordsの対策キーワードの設定  meta descriptionの対策キーワードの設定

H1の対策キーワードの設定

なんか色々と難しい言葉がたくさん出てきたと思いますが、頑張って挑戦してみて下さい。

すべて機械的に行える作業ですので、各項目のリンク先で、もうひと頑張りしてみましょう。

もちろん、当サイトでも、この方法で「SEO対策」しています。「副収入」というキーワードでの検索順位を見て頂ければ、納得されると思います。

そして、以上の方法に加えて、「最良のコンテンツ」を増やし更新を繰り返す事も忘れないで下さい。むしろ、こちらの方が難しいのかもしれません。

副収入を無限に稼ぐために行う事なので、多少の努力が必要なのは仕方ありませんね。

今後も、効果ありの「SEO対策」が見つかり次第、当サイトで更新していきます。

それでは、具体的に多くの人がアクセスしてくれるサイトを作成してみましょう。

⇒ サイト作成の基本は自由な独自性 に続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする