SEO対策はこの22個で勝負! – コンテンツ対策

コンテンツ対策

隠しテキスト

検索順位を上げる目的で、キーワードを含んだテキストを背景色と同色にしたり、リンクをwebブラウザでは見えない場所にずらすなどの方法で、偽装しているサイトは、Google のインデックスから削除され、検索結果ページに表示されなくなります(⇒スパム行為)。サイトに隠しテキストや隠しリンクが含まれているかいないかの判断は、検索エンジンのみが行い、ユーザーからの見え方には関係ありません。

被リンク数(外部サイトから)

外部サイトからリンクされることで被リンクを受けます。つまり、被リンクを受けるという事は他のサイトから評価・支持されているという意味合いを持ちます。検索エンジンは、質の高いサイトから自然な被リンクを集めているサイトやページを高評価し、検索順位を上昇させます。 しかし、意図的な手法で被リンクを不自然に増やしたり、質の低い被リンクばかりが目立つような場合は、検索順位に悪影響を及ぼす可能性があります。
SEOに効果的な被リンク数を増やす方法 参照

ページのテキスト量

SEOにはコンテンツの内容の濃さが欠かせない事は明白であるので、文字数(テキスト量)だけで検索順位の最適化を測る事はできないと思っています。
しかしながら、ページ内のテキスト量が500文字にも満たないページ等、明らかに十数秒で読み終わってしまうページの場合、検索順位の上昇を期待する事はできません。
キーワードを含めた解かり易い文章で、サイトテーマと関連した記事を定期的に追加していく事が効果的です。
また、対策キーワードばかりにこだわらず、関連したワードも含めたテキストを追加してあげる事で情報の内容量が増え、SEOに効果が期待できます。

ページ内の文字数をチェックしたい場合は
http://seolaboratory.jp/seotext/

でチェックする事ができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする