SEO対策はこの22個で勝負! – HTML構造対策

HTML構造対策

titleの設定

タイトル(title)はHTMLのタグの中でもページの表題を表す強い重み付けのあるタグとして検索エンジンのクローラーに認識されています。必ず記述しましょう。 また、SEOだけでなく検索結果の表示においてユーザーにページの内容を伝える重要な情報にもなるのでページにマッチした魅力的なタイトルを設定しましょう。

titleの文字数

タイトル(title)はHTMLのタグの中でも最も重要なタグとして検索エンジンのクローラーに認識されています。Googleで全角28文字以内、Yahooで30文字以内といわれているため、ページに見合った的確なタイトルを付ける様にしましょう。キーワードの詰め込みすぎは、検索エンジンからの評価を著しく下げる可能性があります。

H1の設定

(H1)は書籍で言う大見出しを表し、そのページを論理的に構成させる要素として重要です。見出しの内容が文章全体の方向性を決定するため正しく設定しましょう(H1)は書籍で言う大見出しを表し、そのページを論理的に構成させる要素として重要です。見出しの内容が文章全体の方向性を決定するため正しく設定しましょう。

meta keywordsの設定

ページ内で伝えたい内容の関連キーワード(meta name=”keywords”)を記述することで、検索エンジンがテーマのページなのかを判断するためのとても重要な要素です。ページで伝えたい内容の関連キーワード(meta name=”keywords”)を5個~10個程度を記述してください。

meta descriptionの設定

検索結果に表示される文章です。記載していない場合、自動的に本文テキストから無作為に抽出されるなど、意図しない状態で表示されるリスクもあるため、ユーザーにとって見やすく、サイトの内容がわかるような情報を記述しましょう。結果サイトへのクリック数が増え、訪問者の増加が期待出来ます。

meta descriptionの文字数

ディスクリプション(meta name=”description”)は80文字~120文字程度で記述するのがSEO上良いとされています。 文字数が120文字以上を超えた場合、省略されてしまい情報が伝わりにくい場合もあるので簡潔に分かりやすい情報を記載する事をおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする