SEO対策はこの22個で勝負! – キーワード対策

キーワード対策

対策キーワードの記述位置

検索クローラーはページの上部から巡回するため、前方に記述された情報は重要であると認識される傾向が強いため、対策キーワードはページ上部に配置するの効果的です。

titleタグの対策キーワードの設定

タイトル(title)に対策キーワードを含めることは最も重要です。そのページのテーマを示す重要な箇所であり、ここに上位表示させたいキーワードを含めることは必須と言われています。

titleタグの対策キーワードの記述位置

タイトル(title)に含まれる対策キーワードはタイトル(title)中の前半にあるのがSEO上好ましいとされます。 また、ユーザーが検索したキーワードと合致したワードが(title)内に含まれている場合は、太文字表記になり視認性も向上するメリットがあります。

strongタグの対策キーワードの設定

強調タグ(strong)にキーワードを含めるとSEO上効果が高くなるとされています。、検索エンジンの巡回ロボットに対しても重要なキーワードであることを伝えることが目的です。

meta keywordsの対策キーワードの設定

キーワード(meta name=”keywords”)に対策キーワードを含めることは検索エンジンにページのテーマを認識してもらうという意味で重要なため、記載する必要があります。

meta descriptionの対策キーワードの設定

ディスクリプション(meta name=”description”)に対策キーワードを含めることは最も重要です。 また、ユーザーが検索したキーワードと合致したワードがdescription内に含まれている場合は、太文字表記になり視認性も向上するメリットがあります。

H1の対策キーワードの設定

(H1)に対策キーワードを含めることはユーザービリティ、SEO上において重要と言われています。最適な文字数は、キーワードを含め10文字~22文字程度で設定するのが効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする