ネットで副収入を得る方法をズバリ!教えます!
ネットで副収入
  • ポイントサイトで稼ぐ
  • アフィリエイトで稼ぐ
  • WEBサービスで稼ぐ
  • 在宅・クラウドで稼ぐ
  • 集客テクニックで稼ぐ
  • 稼げる度ランキング

WEBサービスで稼ぐ

「WEBサービスで稼ぐ」方法は近年、多種多様に進化中!



「ポイントサイト」や「アフィリエイト」以外にも、ネットで副収入が得られる「WEBサービス」は多種多様にあり、それぞれ稼ぎ方の性質が違うので、あなたの好みに応じてチャレンジしてみて下さい。



1.「ネットオークション」で副収入を得る

「ネットオークション」で副収入を得る流れは以下の通りです。

”出品するモノ”を調達する → 出品する → ”出品したモノ”が落札される。→ 落札額が入金される。

ここで「ネットオークション」で副収入を得るためには、”出品するモノ”を決めなければなりません。

家の中にある不用品、自分で作成したモノ(DIYでの商品) など、「出品するモノ」は色々ありますが、私のオススメは「ネット懸賞での当選品」です。

→ 「オークションに出品して稼ぐ(参照)

「ネット懸賞」の当選品は、商品券や旅行券などの金券類・テレビやゲーム機などのオーディオ製品が主流なので、オークションで落札されやすいという利点があります。

(注)たまたま当選した懸賞品をオークションで出品するような合法的な稼ぎ方とは逆に、「オークション転売」いわゆる「せどり」を紹介している記事を見かけますが、場合によっては、違法になる可能性があるので、注意が必要です。
国内から、転売目的で商品を安く仕入れてオークションで売りさばく行為を継続的に行う事は、法的にアウトです。
そのような「せどり」を行って副収入を得たいのであれば、古物商の許可証が必要です。
また、チケットに関する「せどり」行為は、古物商の許可証の有る無しに関係なく、ダフ屋行為で違法になります。



2.「フリーマーケット」で副収入を得る

「オークション」に代わって、最近人気があるのが「フリマ」と呼ばれる「フリーマーケット」です。

スマホで利用できるフリマアプリの「メルカリ」が有名ですよね!

「オークション」との違いは、簡単に言うと、価格を競い合うオークション形式ではなく、定額価格(即決)で売買する方式の事です。

メリットがかなり多く、デメリットを敢えて言えば、商品が売れた時に支払う「システム利用料(商品が売れた時に支払う手数料)」がオークションよりも高めに設定されてい事ぐらいです。

メリットに関しては、「メルカリ」を例に挙げた記事があるので、そちらをご覧下さい。

フリマアプリ「メルカリ」が人気の理由(参照)

また、「yahoo」でも「フリマ」出品できるので、オークションと併せて利用してみるのもいいですね。


3.「ネットショップ」で副収入を得る

ネットショップを開業するには、ショッピングカートなどの決済に関する事や特定商取引などの法律的な事も関係してきますので、「ネットショップを開業するサービス」を利用するのが一般的です。

しかし、このサービスは無料で利用できるところもありますが、有料だと月に数千円から本格的に稼ぐとなると3万円ぐらいの費用がかかるというのが一般的です。また売り上げの数パーセントの利用料がかかるところもあります。

また、当たり前ですが、お店ですので在庫も抱えなければなりません。

この点がネットショップを開業するのに大きなネックになる要素です。

したがって、在庫を抱えないでネットショップを開業して稼ぐ事ができたら、こんなに素晴らしい事はないと思いませんか?

安心して下さい! そういうサービスありますよ!

在庫を抱えないで、ネットショップで稼ぐ(推奨)

この在庫を抱えないで、ネットショップが開業できるサービスを「ドロップシッピング」と言います。

商品を仕入れる必要がなく、商品も多種多様に揃っており、アフィリエイト感覚でネットショップを開業する事ができるのが魅力です。

「ドロップシッピング」のサービスを行ってる会社は「もしも」、「通販素材.com」が有名です。

利用するのに全て無料であるサイトもあれば、商品が売れた時のみ利用料がかかる等、サイトによって違いはあります。

在庫リスクもなく無料で始められるという点で言えば「ドロップシッピング」を始めてみる価値はあると思います。

→ 「ドロップシッピングって何?(参照)


4. 「youtube」で収入を得る

「youtube」では「再生された回数に応じて収入を得る」事ができます。

その仕組みは、自分がアップロードした動画内に広告を貼る設定にすると、動画内に貼られた広告が一定の秒数以上閲覧されたり、またはクリックされる事によって広告料が発生するというものです。

つまり、多くの人によって動画が閲覧される程、広告料(収入)が多くなるわけですね。

それでは、実際にどれだけ稼げるの?とみなさん興味があるところだと思います。

私もアップロードした動画で収益を得ていますが、一般的に計算しますと

再生回数 × 0.1 = ○円

といった額が大雑把な目安になるでしょう。(あくまでも目安です!)

1万回再生されれば、1000円GETです。

但し今後は、動画再生回数が極めて多い、俗に言う「人気youtuber」に対して企業が個別にスポンサー契約をするといった形式が主流になるのに反比例して、上の計算式にある「0.1」という数字は下がっていくであろうと、私は考えています。

いずれにしても、この数字をどう見るかは人それぞれかと思いますが、一回アップロードしてしまえば後は放ったらかしで構わないので、効率良く稼ぐ事ができる、素晴らしい「WEBサービス」だと思っています。

ページトップへ戻る