私が「WordPress」の魅力に負けた理由

伝えたい事をすぐに伝えられる「wordpress」

過去に以下のような記事を書いていたのですが、とうとう「wordpress」の魅力に負け、こうした修正記事を書いています。

もちろん、このサイトも「wordpress」にリニューアルさせてもらいました。

とにかく、「wordpress」を採用しなかった最大の理由が「表示速度」の遅さでした。

しかし、「wordpress」のデメリットを上回る程のメリットに、私は負けました。

そのメリットとは「使い勝手の素晴らしさ」です。

今後は、今までとは逆に「wordpress」関連の記事を書くことが多くなるかと思います。

伝えたい事をすぐに伝えられる「wordpress」は今のネットビジネスには不可欠だという事を学びました。

「WordPress」のメリットとデメリットを天秤にかける毎日

ワードプレスの最大のメリットは、管理画面から記事を投稿すれば、どんなに複雑化したカテゴリでも、自動的に記事自体がカテゴリ化され、SEO対策に最大の効果を発揮する点です。

ところがその反面、良い点以外に最大のデメリットも存在します。

それは、表示速度が異常に遅い事です。

当サイトは、テキストエディタを使って、1からHTML打ちで作成しているので、非常にカテゴリ分け等に手間がかかります。何度も、ワードプレスへ移行しようか苦悩しましたが、どうしても、ワードプレスの表示速度の遅さが気になって、ワードプレスでの運用を諦めました。

実際に、当サイト記事をそのまま、ワードプレスに移行した時の表示速度をサイトいんシードを使って試行してみましたが、ワードプレスにした場合の方が、2.6秒も遅い結果になりました。

プラグインを入れなければ、1秒台での表示も可能かもしれませんが、SEO 関連等の、ある意味必須のプラグインはどうしても必要になってくるので、結局表示速度が遅くなる結果は避けられないと実感しました。

私の場合は、使い勝手よりも、表示速度を重要視したわけですが、正直言って、今でも毎日のように、ワードプレスへ移行しようかと考える事もあります。

それほどワードプレスに備わった機能には魅力があります。

以上のような、ワードプレスに関する評価は、私独自の見解ではありますが、この記事に関してアドバイスなどございましたら「お問い合わせ」よりご意見下さいましたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする